地域包括支援センターとは
about

地域包括支援センターは、高齢者の医療・介護・介護予防・生活支援・住まいなどの相談窓口です。
高齢になっても住み慣れた地域で自分らしく安心して暮らすことができるよう、保健師(看護師)、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどの専門職員が「チーム」で高齢者の皆様を支えます。地域包括ケアシステムの構築にあたり、中核的期間としての役割を充分に発揮し総合相談・支援のために必要な活動を相模原市より受託を受けて事業を行います。

地域包括支援センターの4つの役割
four roles

地域の様々な個人・機関をつなぐネットワークを構築し、「地域包括ケアシステム」の実現を目指します。

総合相談支援

総合相談支援
介護・医療・福祉に関する様々な相談をお受けいたします。「最近足腰が弱くなって心配」「近所の方が一人暮らしで家に閉じこもっているので心配」などご相談内容によって、介護保険サービス等の申請代行、訪問等による実態把握、専門機関の紹介、地域活動の紹介、活動支援などを行います。

介護予防ケアマネジメント

介護予防ケアマネジメント
地域で自立した生活が送れるようにお一人お一人の心身状態に合わせたサービスを考えます。 要支援1及び2と認定された人以外にも、基本チェックリストを実施し、何らかの支援が必要とされた方(事業対象者)も サービスを利用することができます。

権利擁護

権利擁護
高齢者虐待消費者被害の防止対応等、権利擁護の観点から、支援を行う必要があると認められる人について専門的、継続的な支援を行います。

包括的・継続的ケアマネジメント

包括的・継続的ケアマネジメント
「介護のことや介護予防について勉強したい」「往診してくれるドクターがわからない」など、医療、福祉関係者などの地域における連携・協働の体制づくり個々の介護支援専門員に対する支援を行います。

img
気軽にお立ち寄りください
img
自主グループの活動支援
img
介護予防教室

ソーシャルメディア

インフォメーション

麻溝地域包括支援センター
地域に暮らす皆さまとともに

神奈川県相模原市南区下溝756-6
(三和麻溝店B館3F)
042-777-6858
042-711-9975
asamizohoukatu@wagen.or.jp